2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

SSD

2012年11月17日 (土)

Lenovo IdeaPad U310にWindows 8 優待アップグレード(3)

IdeaPad U310 の 500GB HDDを Samsung SSD840 250GB に交換して、Windows 8をクリーンインストールしました。U310は、SSD 32GB をHDDのキャッシュとして動作させるために Intel Rapid Strage が動作しているので、HDD CopyTool が正常に動作しない問題がありました(Lenovo IdeaPad U310にWindows 8 優待アップグレード(2)の続き)。

Rimg0040

Samsung SSD840 ベーシックキット250GB
MZ-7T250B/IT \14,873 ★★★★

Windows 8 優待アップグレードをクリーンインストールするには、交換する SSD840 で Windows 7 が正常に動作している状態を作る必要があります。しかし、これが簡単ではないのだよ。もう何度リカバリーをかけたか覚えていないが・・・

続きを読む "Lenovo IdeaPad U310にWindows 8 優待アップグレード(3)" »

2012年11月16日 (金)

Lenovo IdeaPad U310にWindows 8 優待アップグレード(2)

前回、IdeaPad U310 を OneKey Recovery でWindows 7を購入時の状態に戻してから、Windows 8 Pro のアップグレードをインストールしました。しかし、Lenovo Windows 8 アップグレード ガイド をよく読むと、IdeaPad はクリーンインストールを推奨していますと・・・。

Snap12111100

さらに、パッケージの種類とアップグレード方法(Internet Watch記事) によると、Windows 8 優待アップグレードでも Windows 7が動作するHDDに クリーンインストール可能で、Windows 8 を UEFI環境 にインストールすることで、非常に高速に起動させることができる(Internet Watch記事) という事らしい。非UEFI環境でWindows 8のログイン可能になるまでの時間を測定すると、およそ15秒でしたが、UEFI環境にすると本当に 5秒で起動するのなら快適かも知れません。気になる~

Rimg0021

Samsung SSD840 ベーシックキット250GB
MZ-7T250B/IT \14,873

IdeaPad U310は、Intel Rapid Storage Technology(RST) でSSDをHDDのキャッシュとして使っている。色々やってみたが、RSTドライブにインストールする事ができませんでした(RSTがUEFI環境に対応できるのかも謎)。そこで、厚さ 7mmのSSDならHDDと交換できそうなので SSD を買いました。

続きを読む "Lenovo IdeaPad U310にWindows 8 優待アップグレード(2)" »

2012年7月 8日 (日)

Crucial m4 SSD のファームウェア書き換えが簡単に

Crucial m4 64GB SSD の最新ファームウェア 000F が公開されていたので書き換えしました。主な修正内容は、RAID で SAS expandersの互換性改善、高負荷時の安定性改善、予期しない電源断のデータ保護 という。
前回、不具合対策ファームウェア 0309 の時はUSBメモリでツールを起動して書き換えをしました(過去記事 Crucial m4 SSD、不具合対策ファームをUSBで書き換え)が、なんと Windows 7 Updater Application でリブート後にツールが起動できるようになりました。

Snapcrab0001

Windows 7 ユーザなら簡単にアップデートできますよ。

続きを読む "Crucial m4 SSD のファームウェア書き換えが簡単に" »

2012年6月25日 (月)

P8H77-M PRO の Intel Rapid Start Technology 設定

Intel Rapid Start Technology (IRST)は、SSDを使って消費電力を休止状態のように少なく、復帰はスリープのように速くする事ができる技術。Windows 7 にはスリープ 状態と認識させながら、メモリに展開したデータをSSDに保存して休止状態とすることで、スリープ状態に相当する短時間に復帰を可能にしながらも、待機中の消費電力は休止状態とほぼ同じに抑えることができる。

Snapcrab_noname_2012624_184124_no00

これに、Intel Smart Connect Technology (ISCT)を組み合わせると、設定した一定の時間間隔で復帰してSNS等のデータを同期させて、作業終了後はスリープ状態に戻る事ができるという。
デスクトップPCの場合はISCTまで必要無いだろうが、PCの電源を入れたまま長時間離れる事があるので、IRST を試してみた。
H/W構成は、ASUSTeK P8H77-M PRO + Intel Core i5 3550 と Intel SSD330 120GB です。実は、つまらない事で IRST の設定ができず悩んでしまった・・・

続きを読む "P8H77-M PRO の Intel Rapid Start Technology 設定" »

2012年6月17日 (日)

パソコンを組み立てる 2012 (4)

まず 2nd PCの中身(Intel Xeon 2.0GHz Dual+MSI E7500 Master)を引退させて、メインPC(AMD PhonemII x4 955+ASUSTeK M4A88TD-M)の中身を引越しします。この後、メインPCのケースに Intel Core i5 3550+ASUSTeK P8H77-M PRO を組み立てるので、かなり大変な作業となりました(過去記事 パソコンを組み立てる 2012 (3) の続き)。

Rimg0042

Intel Core i5 3550(3.3GHz) ¥16,980
ASUSTeK P8H77-M PRO  \7,980
DDR3-1600 4GBx2(8GB) \3,281
Intel SSD 330 Series 120GB \9,980
Windows 7 Home Premium x64 \8,980
合計 \47,201

節約したはずでしたが合計すると 5万円 コースになってしまった。5万円も出せば Core i5 のノートPCが買えてしまうので、もはや自作PCは贅沢品なんですね。

続きを読む "パソコンを組み立てる 2012 (4)" »

2012年6月16日 (土)

Intel SSD 330 が人気な訳が解ったような

INTEL SSD330 120GB が1万円以下となったので買ってみました。これまで Crucial派だったのですが、PLEXTOR も同価格帯に参戦し、120GBクラスは1万円以下があたりまえになったのか。

Rimg1429

インテル Box SSD 330 Series 120GB MLC 2.5inch 9.5mm
SSDSC2CT120A3K5 \9,960 ★★★★

これは新しく組み立てるPCに使う予定ですが、その前に現行PCでベンチマークを取ってみた。Intel SSD 330Series は、Intel製ではなくMavell製のコントローラで SATA3 6Gbps に対応している所は横並びです。違いは、取り付け金具や独自のユーティリティ「Intel SSD Toolbox」、「Intel Data Migration Software」が付属していて、これが初心者でも簡単に扱えるところが人気なんだ・・・・

続きを読む "Intel SSD 330 が人気な訳が解ったような" »

2012年1月15日 (日)

Crucial m4 SSD、不具合対策ファームをUSBで書き換え

Crucial 2.5" m4 SSD のファームウェア 0001,0002,0009 において、SMARTのドライブの電源ON時間が、トータル 5,184時間以上になると無反応になるという不具合の修正ファーム 0309 がリリースされた。リリースノートでは、STRONGLY RECOMMENDED となっている。

Rimg0318

Transcend スライド式USBメモリJetFlash530 8GB \599 ★★★★

前回、Crucial M4 CT064M4SSD2 Ver009 の書き換えは、CD-RW を使ったが、今回は USBメモリに ISO ファイルを展開して書き換えしました(過去記事 Crucial M4 SSD 64GB が 500MB/s超えで爆速に)。

続きを読む "Crucial m4 SSD、不具合対策ファームをUSBで書き換え" »

2011年10月23日 (日)

Windows 7でSSDドライブをスリムにする10の方法

NotePCの HDD(160GB) を小容量の SSD(64GB) に交換して、Windows 7 をインストールしました。十分な空き容量を確保する為、削除可能なファイルを調べました。

20111023_0000

Windows 7 Professional とMS Offce 2010等のアプリをインストールした後、ユーザファイル(18GB)をCopyして 9GB の空きが確保できました。まだまだ削除可能なファイルは残してあるので、贅沢しなければ 64GB の安価なSSDでも大丈夫です。

続きを読む "Windows 7でSSDドライブをスリムにする10の方法" »

2011年10月16日 (日)

Let'sNote CF-R8W をSSDに交換

Panasonic Let'sNote CF-R8WW1AJR(2009年購入)のHDDを Crucial RealSSD C300 64GB に交換して、Windows 7 Professional 32bit をインストールしました (過去記事 SATA-USB3.0変換で Crucial M4 SSD をベンチマーク の続き)。

Rimg0200

情報が揃っていたのでほぼ問題ありませんでしたが、Windows Update どにえらい時間がかかりました。もうコリゴリです・・・

続きを読む "Let'sNote CF-R8W をSSDに交換" »

2011年10月 9日 (日)

SATA-USB3.0変換で Crucial M4 SSD をベンチマーク

Crucial M4 SSD 64GB を SATA-USB3.0変換ユニット(ケーブル)で接続すると、どのくらいの速度が出るのか、CrystalDiskMark でベンチマークしました。

Rimg0108

玄人志向 SATA-USB3.0/2.0変換ユニット KRHC-SATA/U3 \2,280 ★★★

接続しているSSDは、Crucial M4 CT064M4SSD2 64GB です。この変換ユニットは、SATA接続のSSDやHDDを裸の状態で接続して、HDDのデータを別のドライブに引越しする時など、一時的に使う事を想定している製品です。接続したHDD等の基板がショートしないよう、取り扱いに注意する必要がありますが、1つ持っていると便利ですよ。

続きを読む "SATA-USB3.0変換で Crucial M4 SSD をベンチマーク" »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天