2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« フィット H4 LEDヘッドライト(3) 取付編 | トップページ | ハスラーにピカピカレインPREMIUM施工 »

2017年4月 2日 (日)

ケンウッド 彩速ナビ MDV-Z702W をハスラーに(バックカメラ取付)

スズキ ハスラー J STYLEII ターボ DAA-MR41S に ケンウッド 彩速ナビ MDV-Z702W を取り付けました。リアビューカメラもナビと一緒に購入しましたが、ハスラー純正ナビではリアドアハンドルに取り付ける事になっている。標準のリアドアハンドルにはバックカメラ設置穴がありませんが、3,000円ぐらいで買えるらしい。でも、ここは節約して自作加工する事にしました。

R0019708

ケンウッド リアビューカメラ CMOS-230 (7,500円)

カメラ穴の加工は簡単ですが、やり直しが効かないのと塗装に傷をつけないように作業するのが大変でした。ケーブルを通すのに「通線」を使いましたが、ケーブルが途中で引っ掛かってしまい、これを外す事ができなくなりケーブルを途中で切断する事に。切断したついでに、リアビューカメラの電源をバックライトに接続しました。

R0019639

R0019641

ケンウッド リアビューカメラ CMOS-230です。彩速ナビ MDV-Z702Wは、マルチビューリアカメラ CMOS-320(16,200円) に対応しているが複数のカメラを接続する程でもないので、これで十分です。

R0019642

R0019644

R0019646

取付スタンドが付属しています。KENWOOD の表示が上になるように取り付けないと上下が反転してしまいますので注意。中華製の格安バックカメラでも接続できますが、故障すると交換作業が大変なので、ここは少し高くてもメーカ品が安心です。

R0019649

ケーブルには、アナログVIDEO、DC12V、GND が1本に入ってます。電源はACCに接続する仕様です。ケーブル長は1.5m+7.5mありますので大型車でも十分届く。

R0019650

取付前のリアドアハンドルです。

R0019651

ハッチバックの裏を開けます。

R0019652

R0019653

クリップの中央を引き抜くとクリップが外れる構造です。

R0019654

裏からリアドアハンドル見るとこんな構造です。この黄色い部分にカメラを取付けます。

R0019660

R0019664

スマートキーのアンテナと開錠ボタンを取り外します。

R0019667

R0019668

マスキングテープを貼って傷を防止し、マジックで穴を開ける位置を書き込みます(純正の写真を参考にしました)。

R0019669

R0019670

3mmのドリルで周囲に穴をあけてニッパで切りました。ヤスリでカメラのサイズと合わせながら仕上げます。

R0019672

仕上げでテープを剥がして加工したら、知らないうちに傷がついてました。

R0019675

穴にカメラを合わせてみます。

R0019676

R0019677

他の方は、ネジ穴を利用して押さえ板を自作されている方が多いのですが、防水しないといけないので、ホットボンドでカメラを固定しました。ホットボンドは、加熱すると柔らかくなるので、微調整は可能です。ホットボンドをタップリ流し込んだあとに、ヒートガンであぶって隙間が無くなるように加工しました。画像を見ていないので不安でしたが・・・・

R0019680

R0019681

配線を別の配線に縛っておきます。

R0019684

R0019688

R0019689

ケーブルを通線でハッチバックの中を通します。接合部にはスポンジテープを貼っておきました。ここまで順調でしたが・・・

R0019687

室内にケーブルを引き回すのに、中で板金と板金の隙間にケーブルの接合部が引っ掛かり、抜けなくなりました。1時間ほど格闘しましたが、ダメだったのでケーブルを切断して加工する事にしました。ケーブルを切断したついでに電源を分離しました。

R0019705

R0019707

リア・コンビランプコネクタにバックライトの電源が来ています。車両を[R]に入れて配線を調べると、ピンク色に12Vが出ました。これにカメラの電源を接続するとバックする時だけ電源が供給されます。この先は、アナログVIDEO信号だけナビに接続すれば良いのですが、もとの線をそのまま使いました(ACC、GNDは接続していません)。

R0019713

助手席まで通線を使ってケーブルを通しました。グローブボックスの裏を通ってナビまで配線しました。

R0019720

黄色いピンがアナログVIDEO信号です。 MDV-Z702Wの設定を汎用カメラに設定すると、リバースで画面が表示されるようになりました(CMOS-320の場合は、専用カメラに設定します)。

D779d4a7

赤線でバックカメラの配線を記入しました。

R0019725

R0019724

ガイドラインを調整してバックラメラの取付完了です。やっぱり、バックカメラ(リアカメラ)があると駐車は安心ですね。

続き ケンウッド 彩速ナビ MDV-Z702W をハスラーに(マイク取付) を読む>>

« フィット H4 LEDヘッドライト(3) 取付編 | トップページ | ハスラーにピカピカレインPREMIUM施工 »

くるま」カテゴリの記事

スズキ ハスラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/70124374

この記事へのトラックバック一覧です: ケンウッド 彩速ナビ MDV-Z702W をハスラーに(バックカメラ取付):

« フィット H4 LEDヘッドライト(3) 取付編 | トップページ | ハスラーにピカピカレインPREMIUM施工 »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天