2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« i-dio 放送開始、音質は良いが電波が弱いかも | トップページ | i-dio Wi-Fiチューナーを分解 »

2016年3月 6日 (日)

LEXUS NX ミッドハイのネットワーク組み込み

LEXUS NX200t の ミッドハイスピーカ出力のネットワークを再設計しました。前回、ミシンのボビンに0.4mmのエナメル線を手巻きして空芯コイルを作成しました。東​信​工​業 メタライズド・ポリエステル・フィルム コンデンサ を使ったので少しコンパクトになりました。(前回記事はこちら)。

R0015780

最初のネットワークは、クロスオーバーの設計を失敗したので、アッテネータで無理やり高域のレベルを合わせました。今回の設計では、ミッドとツィータのつながりが自然で聴きやすくなりました。

S16022801

ネットワーク設計プログラム でクロスオーバー周波数 8kHz 12dB/oct で設計。部品の配置を考えながら、ユニバーサル基板にはんだ付けします。

R0015776_x

R0015778

振動で部品が外れないようにホットボンド(グルーガン)で固定します。

R0015788

R0015775

以前のネットワークとアッテネータ、純正ミッドスピーカ、ALPINE DDL-R170S に付属のツイータ DDL-R251T です。

R0015782

ミッドスピーカ、ツィータを基板に接続します。

R0015783

ネットワーク基板の絶縁はビニル袋です。

R0015784

入力抵抗を測定すると 1kHz で4.8Ωでした。1kHz の音がミッドスピーカ、ツィータから聞こえる事を確認するのにも使えます。

R0015786

LEXUS NX200t に組み込みました。

R0015790

まず、ガールズ&パンツァー オーケストラ・コンサート BDを視聴してみました。オーケストラの大迫力が楽しめました。特に、大太鼓の響きが凄い。
この他、リファレンスにしていた曲を順に視聴してみると、高域のバランス、ウーファとのつながりも自然になりました。まだ、高域のレベルが少し強いかも知れませんが、ATTを入れるほどでもありません。
もしかすると、高域の艶が以前より少し劣るような気がしないでもありませんが、クロスオーバー周波数を6.5kHz から 8kHzに上げたので、純正ミッドスピーカの出番が多くなったからでしょうか。もしかすると、コンデンサをケチったからかも知れません。やっぱり、Parc Audio のフィルムコンデンサにすべきだったかな・・・

« i-dio 放送開始、音質は良いが電波が弱いかも | トップページ | i-dio Wi-Fiチューナーを分解 »

くるま」カテゴリの記事

レクサス NX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/64294222

この記事へのトラックバック一覧です: LEXUS NX ミッドハイのネットワーク組み込み:

« i-dio 放送開始、音質は良いが電波が弱いかも | トップページ | i-dio Wi-Fiチューナーを分解 »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天