2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« LEXUS NX 荷室裏にシガーソケット増設 | トップページ | 直管形LEDランプを買いました »

2016年1月23日 (土)

LEXUS NX スピーカの周波数特性を測る

LEXUS NX200t のフロントスピーカを ALPINE DDL-R170Sに交換ミッドハイにネットワークを追加して3wayに改造しました。しかし、そのままでは中高音が強いのでアッテネータを追加。現在はミッドハイを-6dB、ツィータを-4.5dB に調整しています。

S16012302wave

ここまでは、耳だけで調整して来ましたが、スピーカがどんな特性なのか調べる方法を発見。WaveSpectraWaveGene というフリーウェアを使うとスペクトラム特性を確認することができます。グラフから 2~5kHz が5dB程落ち込んでいるのが確認できました。ミッドハイを-6dBした為ですね。MySpeaker(シェアウェア)も試してみましたが、ほぼ同じ結果でした。ネットワークの設計を変更する必要があるかも・・・

R0015442

最近のNotePCには、Web カメラとマイクが内蔵されていますが、内蔵マイクでスペクトラムを測定してみると12kHz~15kHzが5db程に高い結果となりました。別のスピーカでも同様の結果となったため、これは、マイクの特性のようです。
もう少しまともな外部マイクを調達しようかと思いましたが、この為に買うのももったいないので、PIONEER SC-LX76 に付属 Advanced MCACC用マイクを利用する事にしました(周波数特性がフラットとは限らないですが)。

Img_0220

PCのマイク端子はφ3.5の3極プラグでコンデンサマイク用に電源が出ています(普通はステレオマイクでは無い)。このマイクは2極プラグですが問題なく使えました。PCの電源には抵抗が入っているので、GNDにショートしても壊れないハズ。

R0015439

マイクは運転席の耳に近いこの位置で測定しました。

R0015431

R0015393

ハイレゾを再生する為に USB DAC(USB-DAC/DDC、Monitor03 US Dragon)をAUXに接続しました。

R0015434

S16012302

S16012308

マイク入力の付いている、少し古いパソコン(dynabook TX66/FPK Windows Vista)を使いました。KORG AudioGate で視聴しましたが、ハイレゾ音源は一味違います。
PCからのノイズが入るので、USB DAC を常設してハイレゾを楽しむには、ノイズ対策が必要になります。

R0015438

S16012310flac192

ハイレゾ音源を再生して、WaveSpectraでスペクトラムを測定しました。[peak]をONにすると、赤いグラフにピークレベルが記録されます。[main]をONにすると、緑でリアルタイムの信号が表示されます。この結果から、100Hz以下の低音が良く出ているのが確認できます。

S16012302wave

WaveGene で 96k 24bit  20Hz~40Khzスイープ音源のWaveファイルを作成して、AudioGate で再生しました(作り方は参考記事の準備編をご覧ください)。サイン波をスイープしてピークホールドすると、周波数特性が測定できます。
NX200t のAUX で音質の調整はエフェクトをOFFにして、TONE をフラットにしています。グラフから 2~5kHz が5dB程落ち込んでいるのが確認できました。18kHz以上で急激に減衰していますが、マイクの特性かもしれません。いづれにしても、私の耳には15kHz以上の音が聞こえませんので・・・。

これはミッドハイにネットワークを追加してツイータを接続したが、高音がうるさいのでアッテネータを入れました。ミッドハイに-6dBのアッテネータを入れているので、ツイータがHPFで動作しない 2~5kHz はオリジナルよりも -6dB 減衰してしまうからですね。

アッテネータでレベルを合わせるのではなく、ツイータとミッドハイのクロスオーバー周波数を変更して、レベルを合わせるべきでした。時間があれば、こちらの ネットワーク設計プログラム で再設計してみたいと思います。

WaveGene で 44.1kHz 16bit 20Hz~20KHz CD音源のスイープ音源のWaveファイルを作成してmicroSDにコピーすれば、もっとお手軽に NXのSDプレーヤで試す事ができると思います(ハイレゾは無理なの特性が若干劣化しますが)。

S16012304

S16012305

S16012306

MySpeaker(シェアウェア) を使うと、自動的に様々な測定ができるようです(試用版なので、UNREGISTED と表示されています)。F特測定では、WaveSpectra と、ほぼ同じ特性が出ていますね。

詳しくは、以下の記事を合わせてご覧ください。

参考記事:
スピーカーの周波数特性を測ってみよう ~準備編~ (ハウツーIT)
スピーカーの周波数特性を測ってみよう ~測定編~ (ハウツーIT)
MySpeaker(スピーカー測定)」を使った測定 (PCオーディオ実験実)
MySpeaker (閑人氏のホームページ)

続き LEXUS NX ミッドハイのネットワークを変更 を読む>>

« LEXUS NX 荷室裏にシガーソケット増設 | トップページ | 直管形LEDランプを買いました »

くるま」カテゴリの記事

レクサス NX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/63606188

この記事へのトラックバック一覧です: LEXUS NX スピーカの周波数特性を測る:

« LEXUS NX 荷室裏にシガーソケット増設 | トップページ | 直管形LEDランプを買いました »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天