2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« ももクロ、女祭り2014 ~Ristorante da MCZ~ | トップページ | Lenovo IdeaPad U310 を Windows10と8.1のデュアルブート構築 »

2015年9月 7日 (月)

Lenovo IdeaPad U310 を Windows 10 無償アップグレード

2012年7月に購入したLenovo IdeaPad U310 は、Windows 7 Home でしたが、12月にWindows 8 Pro 64bit に優待アップグレード。その後、500GBのHDDを250GBのSSDに交換、HDDのキャッシュとして動作していた 32GBのmSATAはストレージとして使用。DDR3は 4GB から 8GBに交換したので、かなり別物になっていますが、これを Windows10 Pro 64bit に無償アップグレードしました。

R0014121

Lenovo IdeaPad U310 サポートページには Windows 10 対応情報はありませんので、自己責任となります。Windows 8.1 から Windows 10 に無償アップグレードして、デバイスマネージャを確認すると、自動で無効なドライバは残りませんでした。しかし・・・

1.Windows 10無償アップグレード
タスクバーに「Windows 10を入手する」アイコンが表示されていましたので、クリックしてアップグレードを予約。EasUS Todo Backup free でシステムバックアップを別のHDDに作成して、通知を待ちます。

S0825000

「無償アップグレードが利用可能になりました」と表示されたら、ダウンロードを開始して、アップグレードします。

Sc15082604_3

問題なくアップグレードが成功。

Sa15090602

デバイスマネージャを見ると不明なデバイスが残ったようですが、自動アップデートでドライバは解決しました。すべてはチェックしていませんが、致命的な問題は無いようです。

2.Windows 10 クリーンインストール
せっかくなら Windows 10 をまっさらな状態から使いたいので、前回作成した Windows10 インストールUSB でクリーンインストールします。UEFI でインストールするには、BIOS を起動して Bootの設定を USBメモリに変更して起動しなければなりません。
Lenovo U310 の場合、起動時の Lenovo ロゴ画面で <F2> (または <Fn>+<F2>) を押して BIOSを起動します(<DEL>ではありません)。しかし、Windows の起動が早すぎて <F2> が表示されない時は、

Sc15090600

Sc15090601

[コントロール パネル] - [ハードウェアとサウンド] - [電源オプション] - [電源ボタン]の動作を選択を開いて、[シャットダウン設定]にある[高速スタートアップ]のチェックを外します。この変更で、電源ONからWindows が Bootするまでに少し時間ができます。なお、インストールを完了後は、元に戻すのを忘れないように。

R0014153

起動時にLenovo ロゴ画面で <F2> (または <Fn>+<F2>) を押して BIOSを起動します。UEFI Boot を Enable に Boot Priority を USBメモリ(Windows 10インストール用)、Windows Boot Manager、SSD の順に設定して Save & Exit すると、USBメモリで起動して Windows 10 のインストールが始まります。

R0014126

インストール先の指定で、ドライブ1(SSD 250GB) をすべて削除。パーティション1(64GB)、パーティション2(170GB) を作成して、パーティション1にWindows10をインストールしました。

Sa15090602

デバイスマネージャを確認しても不明なデバイスは残っていませんが、 Wi-Fi は、MSドライバで接続できませんでした。

S5090707

そこで、Windows 8.1 の時に Lenovo サポートページからダウンロードした Windows 8.1用のドライバを全てインストールしました。現在のドライバよりも古いドライバをインストールしようとした場合は、警告が出るので中止します(確か、オーディオとVGAはそのままだったと思います)。Wi-Fi は、 ドライバをインストールするとAPに接続できるようになりましたが「制限あり」と表示されて通信はできませんでした(もともとWi-Fiの性能が酷くて安定して使えなかったので想定内です)。

2015.09.27追記{
Windows 10 標準の Intel HD Graphocs4000 ドライバでは、動画の再生でフリーズするので、Lenovo からダウンロードした Intel VGA driver (64-bit) をインストールしました。バージョンが古いドライバをインストールしますか、と警告されますが Lenovo のドライバの方が安定します。
}

Sc15090602

[ディスクの管理] を確認しました。UEFI起動に必要なパーティションが自動的に作成されていました。

Sa15090611

必要なアプリをインストールして、25.1GB 使用。これなら、アプリをインストールしても (C:) システムドライブは 64GB でも大丈夫そうです。保存しておきたいデータは (D:)ドライブと GoogleDrive に保存して、(C:) はいつ消えても問題ないように運用します。とりあえず、安定動作できるクリーンな Windows 10環境ができました。

続き Lenovo IdeaPad U310 を Windows10と8.1のデュアルブート構築 を読む>>

« ももクロ、女祭り2014 ~Ristorante da MCZ~ | トップページ | Lenovo IdeaPad U310 を Windows10と8.1のデュアルブート構築 »

Windows 10」カテゴリの記事

Windows 8」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/61494719

この記事へのトラックバック一覧です: Lenovo IdeaPad U310 を Windows 10 無償アップグレード:

« ももクロ、女祭り2014 ~Ristorante da MCZ~ | トップページ | Lenovo IdeaPad U310 を Windows10と8.1のデュアルブート構築 »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天