2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« サーモス真空断熱タンブラーの3点セットを買いました | トップページ | Windows8.1 64bitでLhaplusの右クリックで圧縮・解凍できない »

2015年1月 4日 (日)

OBD-II対応、ユピテル GWR53sd をフィットに移設

ハリアーにユピテル AMZ93sd(GWR93sd) をOBDII接続したので、これまでハリアーにあったGWR53sd をフィットに移設しました。

R0012061

OBD-IIケーブル(OBD12-RD)の設定をホンダ車用に切り替えて接続しました。ODB-IIコネクタの差し込みが少し固いですが正常に動作しました。

S010300_3

車種によってOBD-IIコネクタの位置が異なりますので、探してみてください。古い車種は互換性が無くて動作しない場合があるので、対応車種を確認する事。

R0012046

R0012047

フィット GE6は、ここにOBD-IIコネクタがありました(覗き込まないと見えないです)。

S010301

R0012045

DIPスイッチをホンダ車に変更。

R0012048

差し込んでエンジンONすると GWR53sd が起動しました。トヨタよりも差し込みが固くて、ちゃんと刺さったのか、感触が無いので不安でした。

R0012054

R0012056

R0012058

ドアゴムを外して、サイドパネルを取り外し、ここに配線を通しました。

R0012059

これでOBD-IIで燃費などエンジンの各種情報を取得できるようになりました。

これまで、フィットのルームミラーに ユピテル MR965i を取り付けていましたが、最近、経年変化で有機ELディスプレイが見えにくくなって来ました。MR965iは、2007年12月に購入してハリアーに取り付けて7年間動作していましたがこれで引退となります。

« サーモス真空断熱タンブラーの3点セットを買いました | トップページ | Windows8.1 64bitでLhaplusの右クリックで圧縮・解凍できない »

くるま」カテゴリの記事

トヨタ ハリアー」カテゴリの記事

ホンダ フィット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/58460479

この記事へのトラックバック一覧です: OBD-II対応、ユピテル GWR53sd をフィットに移設:

« サーモス真空断熱タンブラーの3点セットを買いました | トップページ | Windows8.1 64bitでLhaplusの右クリックで圧縮・解凍できない »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天