2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« キヤノン MP610 のインクヘッド洗浄 | トップページ | インクジェット複合機を選ぶ »

2014年5月17日 (土)

キヤノン MP610の電源が入らない

キヤノンのインクジェット複合機 MP610 のシアンが出ないのでインクヘッドをお湯で洗浄しましたが、これはやってはイケナイ行為だったようです。
買い置きの純正インクが余ってしまうので、インクを使いきろうと容赦なく大量の印刷をしました。印刷が終わって電源を切ったら、もう電源が入らなくなりました。ACプラグを抜いて1分ほど放置して電源を入れると、一瞬電源が入りますが・・・

R0010793

最初は電源を疑い分解しましたが、これは問題ありませんでした。検索すると、インクヘッド内部でショートして渦電流が流れ電源が入らないという可能性があります。インクヘッドを取り外すして原因の切り分けをしたいのですが、電源が入らないとインクヘッドが隠れたままなので、分解するよりありません・・・

1.電源を分解する

R0010773

電源ブロックは爪で止まっているだけで、手で取り外す事ができます。ACアダプタを内蔵したような構造なので、電源単体で安全規格を取得すればOKという事でしょうか。

R0010774

R0010777

黒が2本あるので、黒がGNDで3種類の電源が出ていると予想。

R0010778

黄色に電圧が出ていないので、これが原因と予測して電源を分解しました。

R0010779

R0010780

内部なので傷を気にせずゴリゴリやりましたが、マイナスドライバが入る穴の奥に爪があるので、これを同時に押せば蓋が開く構造でした。無理やりこじ開けたので、爪を3個折ってしまいました。

R0010781

予想より立派な電源ですね。経年変化によるコンデンサの容量抜けを調べました。AC100Vを整流した直後の 400V150uF が110uF しかありませんでしたが、他は誤差の範囲で問題無さそうです。パターンを追うと、黄色い端子に電圧が出ていないのは、トランジスタでスイッチしている為と判ったので、電源は無実と判断して元に戻します。

2.インクヘッドを取り外す

「MP610 電源が入らない」を検索。Yahoo知恵袋によると、
キャノンPIXUS MP610 突然の電源ダウン後、電源が入らない状態について教えて
Canon PIXUS MP610について。 昨日突然電源が入らなくなりました
を参考にさせていただきました。

キヤノンサポート情報には、プリントヘッド電気絶縁封止部へのインクの染み込みの原因として、インクジェットプリンター、インクジェット複合機を安心してお使いいただくために に説明がありました。

インクヘッドが原因かどうかを知るには、MP610を分解するよりありません。
苦・楽天生活さんの キヤノンMP610の電源入らず、を修理してみる 2 を参考に分解しました。

R0010802

R0010807

ネジを6箇所外して、両サイドのカバーを外します。後方を開けて前の爪を外します。左側の方が簡単に開くので、左側で爪の構造を理解してから右側を外すと良いでしょう。エイ!ヤと外しても大丈夫です。

R0010784

トロイダルコアを入れてEMI対策をしています。苦労したのでしょうね。

R0010785

かなり込み入った構造です。組み立ても簡単では無いでしょうね。

R0010786

R0010788

ハーネス3本とフラットケーブルを外します。フラットケーブルはコネクタ左側にある爪を引き上げると勝手に外れます。GNDケーブルのネジを外すと取り外し可能となります。

R0010791

R0010790

スキャナ部の右側を上にあげるとダンパーも外れました。

R0010792

カバーは爪で止まっているだけなので、後方から順に外すと取り外しできます。左前方に印刷を始めると排出口のカバーを自動で開く機構があるので、タイミングセンサを壊さないように注意。

R0010793

インクと取り外して、インクヘッドを取り外します。

R0010794

インクヘッドに外傷は見えません。

R0010795

ついでに、廃インク吸収体にティッシュを押し付けて掃除しておきました。

R0010798

R0010797

メイン基板に外的異常(焼けているなど)が無いか確認しておきました。

R0010804

R0010805

元通り組み立てて電源を入れると「プリントヘッドが装着されていないと」表示され、カバーを開けるとヘッドが出てきました。

電源を入れたままインクヘッドを装着すると電源が切れましたので、インクヘッド内部でショートして渦電流が流れているのが原因と判明しました。インクヘッドは、お湯でジャブジャブ洗浄してはいけないようです。

こうなるとやけくそです。インクヘッド内部でインクが漏れてショートしているのならば、漏れたインクを乾かす為、インクヘッドを屋外で2時間ほど日光浴させてみました。すると、内部のインクが乾いてプリンタに装着しても電源が切れないようになりました。

印刷も可能となりましたが、印刷のかすれは、以前より酷くなってしまいました。やっぱり限界でしょうか・・・

MP610 を分解すると、最近の機種とくらべてかなり高級な作りであることが解りました。
緊急でプリンタを買うよりありませんので、機種選定中です。

« キヤノン MP610 のインクヘッド洗浄 | トップページ | インクジェット複合機を選ぶ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

choiwaruさん、コメントをありがとうございます。
まだまだ使うつもりだったので、突然故障して困りました。余分なインクを買い置きしてはダメですね。
今回は、ダメ元で分解してみましたが、色々工夫されていて面白かったですよ。

いつも楽しく訪問させてもらっています。
今回のプリンタのインクヘッドの件は、
難儀だった様で、お察しいたします。
これからも、参考になる発信をお願い
致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/56222132

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノン MP610の電源が入らない:

« キヤノン MP610 のインクヘッド洗浄 | トップページ | インクジェット複合機を選ぶ »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天