2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« 11ac 無線LANルータ WN-AC1600DGR2 の設定 | トップページ | 無線LANのサイトサーベイと速度測定 »

2014年5月 5日 (月)

11ac 無線LANルータ WN-AC1600DGR2 を分解する

WN-AC1600DGR2 の動作が確認できましたので中の構成を確認してみたくなりました。検索しても分解記事は出てきません。分解すると保証が効かなくなると思いますが、やっぱり気になる・・・

R0010718

予想どおり QualcommAtheros でした。中心にある QCA9557-AT4A のデータシートは公開されていませんが、EnGenius ESR1200 を見ると Ddual-band, 2-stream 802.11n Wireless SoC らしい。右側のシールド板は 11bgn 2T2Rのブロックですね。F型アンテナが2本基板に実装されています。QCA8337N-AL3C は、GbE Switch です。左側には Standard PCIe mini card の11acモジュールがあります。3T3R ですので QCA9880 が実装されていると予想されます。EnGenius ESR1750 のSoCは、QCA9558 で Ddual-band, 3-stream構成となっているところが違いますが似ていますね。WN-AC1600DGR2 は、2.4GHz を 2-stream にしてコストダウンをしたのですね。では詳しく見てゆきましょう・・・

1.WN-AC1600DGR2を分解する
分解するとメーカの保証が受けられなくなるかも知れませんので、参考にされる方は自己責任でどうぞ。

R0010714

裏面にゴム足が4個付いてましたが、これを剥がすとネジが見えました。

R0010715 R0010716

星形のネジを使って簡単に分解されないようにしていますね。

↑の精密ドライバーセットを使いました。六角、互角(スター)、三角、Y型など特殊ねじは、これがあれば怖くありません(笑;

R0010718

爪で固定されているので、傷をつけないように慎重に開けます。アンテナケーブルが蓋側に付いているので、抜けたり、切断しないように注意して。

R0010717

R0010721

QCA9557-AT4A Ddual-band, 2-stream 802.11n Wireless SoC です。11ac コンカレント動作するため 2.4GHz 11bgn 2x2 のみ使います。CPUのスペックを知りたかったが公開されていないので不明。

R0010723

シールド板の横にF型アンテナが2本見えます。

R0010721_2

QCA8337N-AL3C は、GbE Switch です。

R0010726

QCA9880 IEEE802.11ac 3T3R Standard PCIe mini cardモジュールです。3本の基板アンテナ接続されています。802.11ac の他 5GHz帯 802.11na はこのモジュールが3T3Rで動作します。

R0010724

R0010725

5GHzアンテナの内2本は、正面(I-ODATA と書いた面)のコネクタがある側(右)の上下にあります。アンテナは両面テープではなく、筐体の樹脂を溶かして固定してありました。両面テープだと経年変化で剥がれる恐れがあるからですね。

R0010735

残る1本は 裏面の縦置きにした場合の下の方にあります。なぜ上にしなかったのかな。アンテナが裏面にあるので、金属の机等に直接平置きするのは良く無いかも知れませんね。

2.WN-G300DSを分解する(おまけ)
今回引退となるかも知れない WN-G300DS もついでに分解してみました。WN-G300DS は、2.4GHz SingleBand 2T2R の無線ルータ・APです。

R0010736

こちらは下面のネジを外すと簡単にカバーが外れました。

R0010741

上部にF型板金アンテナが2個ケーブルで接続されています。

R0010747_2

R0010743

基板を固定しているプラスネジを外すと基板が外れました。

R0010745

Ralink RT3052F は、2.4GHz 802.11bgn の Wirelss SoCです。パワーアンプが外付けでしょうか。シールドされていません。10/100 5port HUB、USB(OTG) も内蔵している。CPUは、MIPS 24KEc 384Mhz となっていました。

« 11ac 無線LANルータ WN-AC1600DGR2 の設定 | トップページ | 無線LANのサイトサーベイと速度測定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

たこさん、コメントをありがとうございます。
TELEC認証を受けるには、容易に分解して改造できない構造にするなど条件があります。
改造行為は違法となり、TELEC認証が無効になるとは認識していましたが、分解行為が即TELEC認証が無効になるとは厳しいご意見ですね。
改造していない事を証明できないので、法に抵触する可能性がある、という点については同意します。

でも、この製品がどこのChipSetを使っているのか知りたいじゃないですか・・・

分解記事がないのは保証の問題ではなく、無線機器を分解すると法に抵触する可能性があるからではないでしょうか。
その後使わないというのであれば問題ないと思いますが。

参考URLです。
http://www.janpara.co.jp/kike/index.php?e=142

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/56066109

この記事へのトラックバック一覧です: 11ac 無線LANルータ WN-AC1600DGR2 を分解する:

« 11ac 無線LANルータ WN-AC1600DGR2 の設定 | トップページ | 無線LANのサイトサーベイと速度測定 »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天