2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« Windows 8 優待購入プログラムに登録 | トップページ | LED 非常信号灯(車検対応) がバージョンアップ »

2012年8月26日 (日)

Windows 8 Enterprise RTM 90日間評価版をToGoで試す

MSDNやTechNet向けにWindows 8のRTM(Release to Manufacturing:製品版)がリリースされました。これらの有料ライセンスを持たない開発者向け無償パッケージWindows 8 Enterpriseの90日間評価版( Windows 8 evaluation for developers)も公開されました。

Rimg0297

Windows 8 evaluation for developers は、Microsoft Live ID があれば誰でも90日間試す事ができる。公開されたのは、Windows 8 Enterprise のみで 64bit版は3.3GBありました。もしかすると、ToGoできるUSB HDDを作る正しい方法が提供されているのかもしれませんが、過去記事
Windows 8 Consumer Preview をToGOできるUSB HDDを作る と同じ手順で試してみました。

詳しい手順は、過去記事 を参考にしてください。
何度も作業して来たので、30分ほどでToGo する USB HDDを準備できました。

1.Windows 7 環境で作業

①ダウンロードした iso ファイル 9200.16384.WIN8_RTM.120725-1247_X64FRE_ENTERPRISE_EVAL_JA-JP-HRM_CENA_X64FREE_JA-JP_DV5 をDAEMON TOOLSにマウントして、 G:\sources\install.wim (2.8GB) を C:\Temp に copy します。
②Windows AIK から取り出した imagex.exe (OSイメージを作成するツール) をC:\Temp に copy します。

Snap02

USB HDDを接続(G:ドライブとして認識)して、コマンドプロンプトを管理者モードで起動してHDDを初期化してパーテションを作成します。

Snap01

imagex.exe で Windows 8 RTM を USB HDDにインストールします。

2.Windows 8(VirtualBox)で作業

Snap04

今回は、ReleasePreview-64bitを使用しました。

Snap06

USB HDD をマウントします(E:で認識されました)。

Snap07_2

Snap03

コマンドプロンプトを管理者モードで起動して、bcdboot.exe でWindows 8を起動可能にします。

3.Windows 8 Enterprise ToGo を起動

Rimg0296

Let'sNote CF-R8W で起動を確認しました。初回はドライバ等の認識に30分ほどかかりますが、設定等は難しくありません。

Ms

認証コードの入力はありませんでしたが、MS Live IDにログインすると自動的に認証されていました。90日間(2012/11/23まで)試用可能です。

Photo

Let'sNote CF-R8W のMetro UI

Photo_2

メイルは Gmail、Pepleには Facebook を設定しましたが、設定はとても簡単です。

Winfhd

ASUSTeK P8H77-M PRO+Core i5 3550 でも無事ToGoで起動しました。メニュー画面は、Live ID で同期されているようで、Windows 8 ReleasePreview-64bit で作成したショートカットが最初から表示された。

Windows 8 ReleasePreview と比べると、かなり軽くなってサクサクと動く印象となった。メイルやPeple(SNS)の設定も動作するようになり、Metro UI の中でサムネイル表示されるのは便利です。
Windows 8 優待購入プログラム を申し込みしたが、いきなり Windows 7 を Windows 8 に書き換えてしまうのではなく、ToGo USB HDD でWindows 8 を試してから乗り換えるのかどうか考えたい(過去記事 Windows 8 優待購入プログラムに登録)。

2012.8.27追記{
Windows To Go は、Enterpriseエディションのみ搭載しているそうです(Wikipedia)。

Wintogo

Wintogo2

Windows 8 Enterprise をインストールすれば Windows To Go を作成するツールが提供されます。しかし、Windows 8 Enterprise  は、企業向けライセンスなので一般に販売されないそうだ。やっぱりライセンスの管理が問題なんだ・・・

読んでおきたいニュース記事
PC Watch Windows 8カウントダウン
PC Watch Microsoft「Windows 8 Enterprise RTM 90日間評価版」
PC Watch Microsoft「Windows 8 Enterprise RTM 90日間評価版」その2

« Windows 8 優待購入プログラムに登録 | トップページ | LED 非常信号灯(車検対応) がバージョンアップ »

Windows 8」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/46825134

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8 Enterprise RTM 90日間評価版をToGoで試す:

« Windows 8 優待購入プログラムに登録 | トップページ | LED 非常信号灯(車検対応) がバージョンアップ »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天