2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« Logicool HD Webcam C310 を買いました | トップページ | Crucial m4 SSD のファームウェア書き換えが簡単に »

2012年7月 1日 (日)

PLANEX 無線LAN USBアダプタ GW-USPETIT-KT

PLANEX 無線LAN USBアダプタ GW-USPETIT-KT があんまり安かったので買ってみました。カバーは、SANRIOの正規ライセンス商品です。

Rimg0150

PLANEX 11n 150Mbps 無線LAN USBアダプタ GW-USPETIT-KT
キャラクターカバーつき(ハローキティ) \499 ★★★★

IEEE802.11bgn(2.4GHz) 1T1R 72Mbps(HT20) 150Mbps(HT40)で動作するUSB無線アダプタです。Windows 7 Home Premium で普通に使えました。
専用ユーティリティでクライアントモード(別のアクセスポイントに接続する)と自らアクセスポイントになる Software AP モードを切り替え可能ですが同時には動作しません。別にXLink Kai というゲーム機モードも対応可能という(未確認)。

Rimg0153

Rimg0154

無線LAN USBアダプタは他にもっと小型な製品もあるが、これは少し大きめ。硬質ゴム製のカバーに本体を差しこんで使用すると「かわいい」という製品。

Rimg0156

Rimg0166

小型のUSB無線アダプタは、USBコネクタの中にICを組み込んでいるので、PC側の放熱が悪いと熱で誤動作する事もあるという。この商品もカバーを付けて動作させた後、カバーを取るとほんのり暖かい。カバーは邪魔になるので、できれば使わない方が良いかもしれない。

Snapcrab_noname_201271_9464_no00

Snapcrab_noname_201271_94232_no00

GW-USMicroN2W(販売終了品)にカバーを追加した製品が GW-USPETIT です。他に「ぷちえう゛ぁ」 も購入可能でした。あぷあぷ(秋葉原)で購入。

Snapcrab_noname_201271_9718_no00

CD-ROMには、ドライバ、ユーティリティが入っていると思うが、PLANEXから 最新版をダウンロードしました。

Snapcrab_noname_201271_9754_no00

gw-usmicron2w_win_v1.zip を解凍して、Setup.exe を実行します。

Snapcrab_noname_201271_9126_no00

Snapcrab_noname_201271_91222_no00

Snapcrab_noname_201271_9138_no00

ドライバは署名されていないようで、Windows 7では警告が表示される(メーカなら署名ぐらいしておけよ)。危険を承知でインストールします。

Rimg0155

付属のマニュアルでは「ステーションモード」として2番目に説明されていますが、これで使うのがメインでは無いのかな。

Snapcrab_view_available_networks__2

インストール後再起動が要求されます。再起動後にネットワークアイコンをクリックすると、ワイヤレスネットワーク接続が表示されるので目的のSSIDに接続しして接続します。

Snapcrab_noname_201271_91859_no00

セキュリティキーを入力すれば暗号方式は自動で設定されます。

Snapcrab_noname_201271_91920_no00

電波の強さが表示されるのは便利ですね。

Snapcrab_noname_201271_91950_no00

Snapcrab_noname_201271_9201_no00

WPSで対応のアクセスポイントならWPSで接続する事も可能。

Snapcrab_pci_gwusmicron2_utility_20

メニューバーのモード から アクセスポイントを選択すると、PCのUSBアダプタがアクセスポイントモードで起動します。ステーションモードとは排他的に動作するようです。

Snapcrab_noname_201271_92311_no00

ここで、SSID、無線のCH、暗号方式、キー等を設定する事が可能。PCが有線LANで接続されている場合は、iPhone や Android の WiFi でインターネットに接続する場合にPCをアクセスポイントにして使える機能です。
付属のマニュアルでは「アクセスポイントモード」として最初に説明されているので、このモードを使用する人が多いのでしょうか・・・

Snapcrab_noname_201271_95210_no00

仕様詳細はこちら。なお、PLANEX 11n 150Mbps 無線LAN USBアダプタ というタイトルですが、150Mbps の HT40 動作させるには、アクセスポイントがHT40に設定されている必要がある。2.4GHz で40MHz の帯域を使用する場合、周辺に他のCHを使用する無線LANがあると安定して動作しないことがあるので都会では使えないので注意してください。なお、150Mbps は理論値で、実際にはこの半分の速度が出ると上出来と思ってください。

まあ、普通に使用できるので一つ持っていると便利でオススメです。

Rimg0151

Transcend MicroSD 8GB Class4 \259 ★★★★

MicroSDも安くなりました。これも あぷあぷ(秋葉原) で見つけた。確か4GBは \189 だったかな。

« Logicool HD Webcam C310 を買いました | トップページ | Crucial m4 SSD のファームウェア書き換えが簡単に »

Windows 7」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/46063798

この記事へのトラックバック一覧です: PLANEX 無線LAN USBアダプタ GW-USPETIT-KT:

« Logicool HD Webcam C310 を買いました | トップページ | Crucial m4 SSD のファームウェア書き換えが簡単に »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天