2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« パソコンを組み立てる 2012 (3) | トップページ | Intel SSD 330 が人気な訳が解ったような »

2012年6月13日 (水)

BSアンテナを交換しました(2)

TOSHIBA BS・110度CSアンテナ BCA-453 を取り付けましたが、付属のF形接栓は防水型ではなくて、防水キャップをはめ込んだだけなので長期間使用するとケーブルに雨水が侵入する不安があった。そこで、防水型F型接栓に交換する事にした(BSアンテナを交換しました の続き)。

Rimg1423

YAGI 防水型F型接栓ピン付 F-5FB-15B \545 ★★★

すこし高価なコネクタですが非常に良くできています。街の電気屋さんでは \650~\1050 ぐらいするので、Amazon で買うのがお得です。防水コネクタの上に防水キャップをかぶせる予定でしたが・・・

Rimg1402

同軸ケーブルが 4C用(NF4-B) と 5C用(F-5FB-15B)がありますので間違わないように。

Rimg1405

パッケージ裏にはケーブル加工の説明があります。カッターと寸法を測るモノサシ、芯線を圧着する圧着工具が必要です。

Rimg1411

Rimg1410

こんな構造です(芯線も外れる)。

Rimg1413

先端から13mmの位置にカッターで外皮のみ切込みを入れ、外皮を剥ぎます。

Rimg1414

忘れないウチにキャップ部分を先に入れておきます。

Rimg1415

先端から8mmに切込みを入れて網線と絶縁体をカットします。

Rimg1416

Rimg1417

網線を広げて、網線とアルミの間に差し込みます。

Rimg1418

センターピンを差し込みます。ハンダを流し込む穴も空いていますが、圧着する事にしました。

Rimg1419

Rimg1421

専用の圧着工具では無いのですが、少し凹んだぐらいでOKです(ホーザン  P706 \4,326)。

Rimg1422

本体に差し込んで、金属のキャップを締めると防水接栓の完成です。

Rimg1423

Rimg1424

BS・CSアンテナに接続して防水キャップを被せようとしたら、入らない・・・

Rimg1425

急遽、近所のコーナンで 自己融着ブチルゴムテープ(\580) を買ってきました。

Rimg1426

ビニルテープの裏に柔らかいゴムが薄く貼ってあって、これを2倍ぐらいに引っ張りながら貼るとゴムが一体化して完璧な防水ができる。30cm ぐらいしか使わないのだけれど・・・

Rimg1427

Rimg1428

これで完成です。

« パソコンを組み立てる 2012 (3) | トップページ | Intel SSD 330 が人気な訳が解ったような »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/45641019

この記事へのトラックバック一覧です: BSアンテナを交換しました(2):

« パソコンを組み立てる 2012 (3) | トップページ | Intel SSD 330 が人気な訳が解ったような »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天