2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« sanwa CD771 デジタルマルチメータのヒューズ交換 | トップページ | パソコンを組み立てる 2012 (1) »

2012年6月 3日 (日)

BSアンテナを交換しました

25年前のBSアンテナでも何とか視聴可能でしたが、BSも多チャンネル化された事だし、BS・CS対応のアンテナに交換する事にしました。

Rimg1385

TOSHIBA BS・110度CSデジタルハイビジョンアンテナ
BCA-453 \4,480 ★★★★

BSアンテナもずいぶんと安く買えるようになりました。既存BSアンテナと交換するだけでしたので、簡単にBSアンテナを交換・設置できました。交換すると、若干感度がアップしました。

BS放送の電波が弱いのが気になっていましたが、壁のアンテナコンセントを確認すると、ケーブルがちぎれそうになっていたのを発見。

Rimg1393

F形接栓を再加工しました(ケーブルが短いので少し雑ですが)。壁の中は 5C2V を使っているようで、引き回しが困難な状態を無理やり折り曲げて押し込んでありました。
これは、CATVの地デジ対応工事を業者が無料でやってくれるというのでお願いした時の仕業だ。屋内には、5ヶ所にアンテナコンセントがあり、分配器でスター型に配線されているのだと思っていたら、壁コンセントには IN と OUT があって、デイジーチェインでつながっていました。途中で切れたら後は全滅となる。

4CFB で配線をやり直せば減衰が減るかも知れませんが・・・

Rimg1387

TV+レコーダがある場所は、分波器では足りないので4分配器が必要。しかし、アナログTVの時代に買った4分配器は減衰が酷くて、もう使えません。

Rimg1386

こちらは安物の4分配器ですが、これなら減衰は少なめでした。分配器を購入する場合は、2600Mhz まで対応したものが良いでしょう。

Rimg1392

分配器をやめて分波器 \880 に変更すると若干改善されました。

Rimg1377

Rimg1378

取り外した25年前の Panasonic TA-BS3045 です。交換する前にアンテナの方位と仰角を微調整をしてみたのですが、ほとんど狂っていなかった(少し改善した気がしますが)。

Rimg1390

取説が出てきました。アンテナ口径は 45cmで33.8dB です。なんと標準価格が \45,000 もした。受信周波数範囲は 11.71305MHz(BS1)~12.0085MHz(BS15) となっている。

Snap201206030000

BSはカバーできるが CS放送は範囲から外れている。なんとか受信できるチャンネルもあるけどね(サン電子様より引用)。やっぱり、最新のBS・CSアンテナに交換するより無いとの結論になりました。

Rimg1353

Rimg1354

取り付け方法を記載したマニュアルが付いているが、メーカのページに取り付け方法が動画で説明されているので、これを確認した。

Rimg1368

安いだけあって、軽い。アンテナ本体だけのタイプを購入しました。F形接栓(4C-FB用) と防水キャップ、結束バンドが付属するが、ケーブルは付属しないのが予想外でした。
取り付け金具がセットになったモデル(\5,040)には、取付金具と 15mの同軸ケーブル(4C-FB)が付属するので、差額\560 ならこちらの方がお買い得だったかも知れません。

Rimg1357

Rimg1358

既存アンテナの方位を覚えておいて、できるだけ正確に合わせました。

Rimg1383

Rimg1382

仰角は地域によって違うので、マニュアルで確認して目盛に合わせておきます。大阪だと 仰角41.4°でした。

Rimg1372

Rimg1384

F形接栓の加工は初めてだと少し難しいかも知れません。あれれ、ここは防水F形接栓じゃないといけないような気がしますが・・・。
防水キャップを被せた後、ビニルテープ等を巻いてはいけないらしい。

Rimg1389

アンテナを接続したらCATVブースターの電源を入れ、モニタ端子(-20dB)にBSTVを接続してアンテナの方位・仰角を調整します(過去記事 地デジ対応ブースター)。

Rimg1376

ある程度BS放送が受信できる状態になったら、電波の弱いチャンネルを探して、これが最大になるようにアンテナの方向を調整します。

Rimg1394

Rimg1395

これで SONY BRAVIA KDL-40EX720 もグリーンのゾーンに入りました。アンテナの調整でこのビープ音を使えば、1人でアンテナを調整する場合に重宝します。実は、TOSHIBA 22RE1 の方がBS/CS の受信感度は良いみたいでした。

Rimg1391

スペックを比較するとアンテナ部の利得が 33.8dB が 34.2dB になった。コンバータ部は 49dBが50~60dB に向上している。BSだけだと大きな差は無いけど、CSの無料放送を見る環境が整いました。

続き BSアンテナを交換しました(2) を読む>>

« sanwa CD771 デジタルマルチメータのヒューズ交換 | トップページ | パソコンを組み立てる 2012 (1) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/45512692

この記事へのトラックバック一覧です: BSアンテナを交換しました:

« sanwa CD771 デジタルマルチメータのヒューズ交換 | トップページ | パソコンを組み立てる 2012 (1) »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天