2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« 炎が美しい、デザインで選ぶ石油ストーブ | トップページ | トヨトミ石油ストーブ RB-25C(W) Rainbow を買いました »

2011年11月28日 (月)

LED対応、ICウィンカーリレーを自作する(2)

ICウィンカーリレー の部品を買ってきました。小型のケースに入れるため、コンデンサや抵抗も小型の部品を選んでいます。また、3V-16Vで動作する電子ブザーが安かったのでモニタとして追加しました。

Rimg0526

日本橋のデジットに実験用のブレッドボードが売っていたので、最終の部品でもう一度実験した結果、回路図、部品定数の変更があります。過去記事 LED対応、ICウィンカーリレーを自作する(1) の続き。

Rimg0510

ウィンカーリレーを自作する前にTDR125の現物を確認しておく事にした。タンクの下からリレーの音がしているので、フロントのカウルを取り外してガソリンタンクを外すと、ようやくリレーを発見しました。

Rimg0512

Rimg0513

12.5V 85c/m 23Wx2+3.4(4)W 又は 21Wx2+3.4(4)W と書いてありました。NIPPONDENSO製(Made in JAPAN)です。

Rimg0521

買ってきたケースは少し大きかったようですが問題無いでしょう。

Rimg0523

ハンダ付けを始めようと思ったのですが、一部回路変更があったのでブレッドボードで動作を確認しておく事にした。

Rimg0526

日本橋に部品を買いに行くと、デジットで ブレッドボード(\300)とジャンパー線(\240)が売っていたので、これに配線して実験する事にした。部品交換が簡単なので、抵抗やコンデンサを変更して実験・調整するのは都合が良い。

20111127_0004_2

こちらが調整済みの回路図(たぶん最終版)です。

2011.12.18追記
回路図が修正されました。参考に自作される方は、最終話 LED対応、ICウィンカーリレーを自作する(4) までご覧ください。

20111127_0002

前回の回路図は、78L05 の端子番号が誤っていました。回路図は7805 のピン版で書いたのですが、78L05 はIN/OUTが逆だったのですね。ピン版無しの回路図に変更してあります。多くの方が入力にダイオードを追加しているようなので、5V電源ラインにダイオードを追加しました。

20111127_0006

Q3 を 2SA1015GR に変更しましたがあまり意味はありません。データシートでは VEBO が -5V ですが、バッテリが13.8V の時、Eは5V、Bは13.8V なので -8.8V となるので気持ちが悪い。そこで、ツェナーダイオードをBに追加して9Vに制限して、-4V となり定格内になります。
実は、5V のツェナーダイオードを買ってきたのですが、実際には4.8VとなりEより低いので常時ONになってしまいました。6~10Vであれば問題ありません。

20111127_0005

ブザー PB04-SE12SHPR(\100)は、DC3V-16V 10mA で動作します。LMC555のOUTで直接ON/OFFできました。
C3 4.7uF の時は、ウィンカーをOFFにした後もすぐにブザーが止まらなかったので、C3 を2.2uF に変更しました。これでOFFとほぼ同時にブザーが止まります。

20111127_0007

2SJ334 は、VDSS=60V  ID=-30A なので、電球でハザード点滅(23Wx4=12V 8A)でもON/OFFできます。また、RDS=29mΩ なので電圧降下が少なく発熱も少ない。実験中に誤ってDをGNDにショートさせてしまい火花が出ました。電源は32Aでしたので壊れたと思ったら大丈夫でした。

ウィンカーは、21W電球でも 先日テールランプ用に買ったS25D型LED電球(1.64W / 0.43W)でも点滅しました。

20111127_0009

ウィンカーをONにした瞬間にONするのですが、初回だけ時定数が長くなっているような気がしていたのですが、ブザーを付けると上図のような感じでした。
一瞬OFFになる部分に対策をしたいのですが、オシロスコープが無いと原因が特定できない。まあいいか・・・。

Rimg0529

待機時の消費電流は、13.8V 2.76mA でした。問題無いでしょう。回路がFIXしましたので、基板に配線してバイクに組み込みます。

続き LED対応、ICウィンカーリレーを自作する(3) を読む>>

« 炎が美しい、デザインで選ぶ石油ストーブ | トップページ | トヨトミ石油ストーブ RB-25C(W) Rainbow を買いました »

TDR125」カテゴリの記事

くるま」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/43165252

この記事へのトラックバック一覧です: LED対応、ICウィンカーリレーを自作する(2):

« 炎が美しい、デザインで選ぶ石油ストーブ | トップページ | トヨトミ石油ストーブ RB-25C(W) Rainbow を買いました »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天