2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« PCオーディオを極める、スピーカケーブルを交換 | トップページ | 若松通商のキットで作るUSBオーディオ WUAIF01 (3) »

2011年9月19日 (月)

Windows 7 でSSDを導入した時にやること (3)

Windows 7 のハイブリッドスリープ機能は、メモリにデータを保持した状態で、HDDにハイバネーションファイル(hiberfil.sys)に保存して、電源が切れた場合でも休止前の状態に戻す機能があります。しかし、デスクトップPCでは普通ハイバーネーションは必要無い。
しかも hiberfil.sys は予約領域として、System Disk に確保されているので、ハイバーネーションを無効に設定すると、SSD の容量を節約できます。

20110919_0003_2

設定は、管理者としてコマンドプロンプトを起動して、powercfg /hibernate off と入力するだけで、9GB も節約できた(DDR3 12GBの場合)。こんなに大きいとは思わなかったよ・・・

20110919_0002

SSD の空き容量は、23.7GB となっている。

20110919_0000

管理者としてコマンドプロンプトを起動します。

20110919_0003_2

"powercfg /a" で現在の状態を確認できます。
"powercfg /hibernate off" でハイバーネーションを無効に設定して、hiberfil.sys を削除します。
"powercfg /hibernate on" でハイバーネーションを有効に戻す事もできます。

20110919_0004

SSDの空き容量は、32.7GB となったので、9GB も節約できました。メインメモリの容量が大きいと、このサイズも大きくなります。

ハイバーネーションを無効にしても、スリープ機能(メモリに保持)は動作しますので問題ありません。但し、バッテリで動作するNotePCの場合は、電池が消耗した時にハイバーネーション機能でメモリをバックアップして電源をOFFにするので、ハイバーネーションが必要です。

続き Crucial M4 SSD 64GB が 500MB/s超えで爆速に を読む>>

« PCオーディオを極める、スピーカケーブルを交換 | トップページ | 若松通商のキットで作るUSBオーディオ WUAIF01 (3) »

SSD」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/41835929

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 でSSDを導入した時にやること (3):

« PCオーディオを極める、スピーカケーブルを交換 | トップページ | 若松通商のキットで作るUSBオーディオ WUAIF01 (3) »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天