2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« PCオーディオを極める、スピーカが重要 | トップページ | Windows 7 でSSDを導入した時にやること (2) »

2011年8月27日 (土)

信頼できる工具、KTCプリセット型トルクレンチ

安価なプリセット型トルクレンチを見かけるが、トルクレンチは精密な測定器なので本当に大丈夫かと不安になる。レビュー記事を見ると、安価なモノでも新品の状態では実用上問題無いが数年前に買ったものは使えなかったという人も。狂った(壊れた)状態に気づかないままトルクレンチを使うと危険だと思うのだが・・・
少し高価でも、KTC か 東日 など信頼できるメーカのものを買いたいところだ。

Rimg0961

KTC 12.7sq.プレセット型トルクレンチ CMPB1004 \25,940 ★★★
KTC 12.7sq.アルミホイール用ソケット(薄型) B35A-21H \1,486★★★

用途は、車のホイルナットの他、車やバイクのメンテナンスでも使えるものが欲しい。近々では、ハリアーのブレーキパッドを交換したいので、きちんと整備しておく必要があるのだ。どれを買うと良いのか、色々調べましたが1本でカバーするのは無理があるようです。でも、個人が趣味で遊ぶのに何本も買えないし、1本選ぶならこれがベストでは・・・

乗用車のホイルナットの締付トルクは、105~110Nmくらいが標準になっているようですが、車やバイクの整備に使うのは10~50Nmぐらいだから、両方を1本で使えるトルクレンチは無いのだ(以下は KTCより引用 )。

20110827_0000

20110827_0001

2本買うとすれば簡単なんですが・・・

5~25Nm と 20~100Nm の2本
10~50Nm と 40~200Nm の2本
10~50Nm と KTC ホイルナット専用
(スズキ・日産 85Nm19mm/トヨタ・ダイハツ 103Nm 21mm/ホンダ 108Nm 19mm)

しかし、2~3万円もするトルクレンチを個人で2本も買うのは辛い。

Rimg0979

さらに、ラチェットヘッドには、6.3sq(1/4") 9.5sq(3/8") 12.7sq(1/2") などがあり、車のホイルナットは 12.7sq が主流だ。手持ちの安物ラチェットレンチセットは、6.3sq(1/4")  と 9.5sq(3/8") に対応しているので、12.7qs-9.5sq のアダプタを買うか、12.7sq のソケットレンチセットを買う必要がある。

色々調べた結果、KTC 12.7sq.プレセット型トルクレンチ CMPB1004 を購入する事にしました。12.7sq で 20~100Nm まで対応可能。柄の長さは40cmあるのでホイルナットを締めるのにも使えるハズだ。
ホイルナットの締め付けトルクは、110Nm まで必要であるが、誤差が少ないのなら、100Nm で締めても大丈夫だろうと。
東日には、丁度いい 20~140Nm という のもあるようですが、KTCブランドが好きなので、KTC を選択し、トヨタ車のアルミホイル対応薄肉タイプ21mm ソケット KTC B35A-21H を同時に購入しました。

Rimg0961

トルクレンチは精密機器なのでケースに入れて室内保管します。車載すると振動により故障の原因になるらしい。

Rimg0962

KTCは日本製だと思っていたら、MADE IN USA なんだそうです。メッキの仕上げは高級品らしく質感も高い。

Rimg0971

Rimg0972

検査結果が書いてありますが、さすがに凄い精度ですね。裏面は取説になっています。

Rimg0963

親指の位置にあるロックリングを下に下げてグリップを回すとトルク設定を変更できる。

Rimg0964

Rimg0968

Rimg0969

ヘッド部分のボタンを押してソケットを脱着する構造です。

Rimg0970

ボタンを押さないとソケットが外れないようになっています。

Rimg0975

ソケットはアルミホイル対応で薄肉です。アルミホイルに装着できましたが、長さが・・・

Rimg0977

あ~、使えなくも無いですがエクステンションバーが必要ですね。12.7sq のエクステンションバーを単品で買うよりも安いトルクレンチを買って付属のソケットだけを使うのが得だったかも知れません。12.7sq のソケットレンチセットを買うと 12.7sq のエクステンションバーが付属するので、こちらの方が応用が効きます。でも、予想以上にお金がかかりますね。

実作業での注意点は、こちらの ABIT Online Tool Store トルクレンチの基礎知識 で勉強させていただきました。主な注意点は、以下の通り。

①ダブルチェックはNG
絞めつけてカチッと音がしたら、念のためもう一度カチッとやると締めすぎなんだそうです。

②緩め方向での使用は厳禁
逆方向で使うと精度が落ちたり、故障の原因になる事もあるそうな。逆転のスイッチをなくせば良いのに・・・

③kgfm と Nm表記
1kgf・m = 9.80665N・m で計算するのだそうですが、1kg=10N と覚えれば良いそうです。

④保管方法
精密機器ですので、振動の無い静かな場所に保管します(車載しない方が良い)。また、使用後はメモリを再下限値に戻して保管しないとバネが伸びてしまうらしい。

どうですか、トルクレンチも奥が深くて面白いですね。

« PCオーディオを極める、スピーカが重要 | トップページ | Windows 7 でSSDを導入した時にやること (2) »

TDR125」カテゴリの記事

くるま」カテゴリの記事

トヨタ ハリアー」カテゴリの記事

ホンダ フィット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/41381973

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼できる工具、KTCプリセット型トルクレンチ:

« PCオーディオを極める、スピーカが重要 | トップページ | Windows 7 でSSDを導入した時にやること (2) »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天