2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« Panasonic フェリエを修理する | トップページ | 時計の電池交換を自分でやってみる (2) »

2011年8月 1日 (月)

ハリアー HID交換(3) -バルブの状態を観察-

ハリアーの車検で 純正HIDに戻したが、やっぱり純正(およそ4300K)では面白く無い。さて、6000K に戻すか 9000K に戻すかが問題だ。

9000k1

GE製 9000K のHIDは、およそ320時間点灯したもので放電部が黒くなっている。電極が蒸発して水銀と反応したものだと思う。電極の間隔も他のバルブと比較して広くなっているようだ。まだ寿命では無いが、他のバルブと比較してみると面白い。

1.GE製HID 9000K D2S 35W \5,980
過去記事 2009.12.27 ハリアー HID交換

9000k5

9000k2

9000k3

左右で少し差があるが、どちらも黒くなっている。黒い方が電極は消耗しているように見えるが気のせいか (ゲージを一緒に撮影すれば良かったな)。

9000k4

また電極を溶接した部分が茶色に変色している。取り外した直後は無かったと思うので、もしかすると、保管が悪くて錆が出たのかな・・・

2.中国製 SUPER VISION D2C 35W 6000K \1,380
過去記事 2011.5.9 ハリアー HID交換 (2)

6000k3

6000k1

6000k2

2ヶ月程度使用。電極の間隔は他よりも近い。電極には水銀らしい付着物があり、下になった部分にも何か沈殿しているが、点灯すると蒸発するのかも知れない。

Rimg0623

Rimg0624

購入時から、外側のガラス(UVカットガラス)に白い曇りがあったが、細かな傷がひどくなった。D2Cは切り欠きが多くて、取り付け時に苦労したのであちこちぶつけたので、この時に付いた傷だと思う。高温になるので割れなければ良いが・・・

3.PHILPS製(純正HID) D2S 35W 4300K

4500k3

4500k1

4500k2

GE製HIDと同じぐらいの時間点灯しているハズ。中国製と比較すると若干黒くなっている。これも電極には水銀らしきものが付着しているのが見える。

とりあえず、中国製 SUPER VISION D2C 6000K に交換しました。まだ2ヶ月しか使っていないので、コンディションが一番良いように見える。HIDの交換は慣れたので、10分程度で交換できるようになりました。

Rimg0631

6000K は、LEDのポジションランプに近い色合いだ。GE製 D2S 9000K の青い光は気に入っていたが少し劣化してしまった。次は、中国製 D2C 8000K \1,580 を試してみるかな・・・

« Panasonic フェリエを修理する | トップページ | 時計の電池交換を自分でやってみる (2) »

くるま」カテゴリの記事

トヨタ ハリアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/41028739

この記事へのトラックバック一覧です: ハリアー HID交換(3) -バルブの状態を観察-:

« Panasonic フェリエを修理する | トップページ | 時計の電池交換を自分でやってみる (2) »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天