2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« [EOS 7D] LP-E6互換バッテリ | トップページ | GIANT クロスバイクのサドル交換 »

2011年4月10日 (日)

バッテリ充電器の自作 (1)

秋月電子通商 で鉛蓄電池充電器パーツキット というのを発見。自動車用バッテリ充電器は、学生時代に自作したものがあるが、こいつで定電圧・定電流充電に改造できるのなら安いかも (関連記事 計画停電の対策は自動車用バッテリで)

Rimg1450

秋月電子通商 鉛蓄電池充電器パーツキット \1,000 ★★★

電源用IC LM723 を使った電源キットをバッテリ充電器に改造したキットです。別途、電源トランスを用意するだけで 6V~12Vのバイク、自動車用バッテリを充電できる。ただし、2A 程度流すには、別にパワートランジスタ(2N3055)と放熱板を用意する必要があるそうだ・・・

スペックは、電圧 2.28V~13.68V、電流は120mA~1A(最大2A)となっている。12時間で充電可能なバッテリは 1Ah ~10Ah(最大20Ah) という。バイク用のMFバッテリの充電には良いが、自動車用バッテリは 20Ah 以上あるので、24時間以上かけて充電する事になりそうだ。

Rimg1452

Rimg1453

とりあえず組み立てる事にしました。

Rimg1451

Rimg1454

説明がわかり辛い。なぜ、これがロングセラーなのか・・・

Rimg1456

Rimg1457

Rimg1458

回路図とパターンを追いかけながら間違いが無いか確認します。これが面倒で、こんな苦労をするぐらいなら、自分で部品を集めて自作した方がよかったかも・・・
ちなみに NDM723D は1個 \100 で買える。

別途用意する電源トランスは、12V のバッテリを充電する場合、(12V+4V) x1.4 = 22.4V の電圧が目安となるそうだ。トランスが用意できない場合は、NotePC用 の19V~24V のスイッチング電源が使えるかも知れないな。

調整は、無負荷の状態で電圧が13.8Vになるように VR2を調節後、バッテリに接続して、VR1 で充電電流を設定する。充電電流は 1Ωのセメント抵抗の両端に発生する電圧から計算するという。規定の電圧になると、満充電と判断してトリクル充電となり、過充電にならないよう制御してくれるそうだ。

続き バッテリ充電器の自作 (2) を読む>>

« [EOS 7D] LP-E6互換バッテリ | トップページ | GIANT クロスバイクのサドル交換 »

くるま」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/39554958

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリ充電器の自作 (1):

« [EOS 7D] LP-E6互換バッテリ | トップページ | GIANT クロスバイクのサドル交換 »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天