2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« SHARP LED電球 DL-L60AV | トップページ | LED電球に調光・調色機能がついた »

2010年3月28日 (日)

バッテリー パルス充電器(2)

パルス充電器(デサルフェーター)を自作の続編です。ファスト・リカバリ・ダイオード 31DF2 に普通の整流用ダイオードを使っていたのが原因という事で、これを交換してみましたが・・・

Rimg0473

前編、バッテリー パルス充電器(1) はこちら。

ファスト・リカバリ・ダイオード とは、電流が順方向から逆方向に切り替わった時に逆流が可能な時間(リカバリー時間)の短いものを言うそうです。整流用ダイオードでは、リカバリー時間が長く、逆流してしまう時間があるのが問題となる。

Rimg0468

日本橋の千石電子で 32DF2 を購入(\100)。3A リカバリ時間は 30ns となっています。

Rimg0469

交換しました。

Rimg0473

バッテリと電源に接続して確認しましたが、症状は同じ(12V 出るのですが安定ぜず電圧がゆっくり下降してゆきます)。やっぱりシンクロで波形を確認しない事には、どこが悪いのか調査は困難か。

まず 555 が正常に発信しているのかどうか確認したい。参考にした回路は、デューティー比を0.5以下にするため、555の基本回路とは少し違います。まずは、555 の基本回路に戻してみましたが変化なし。

あと、考えられる原因は、
(1)MOSFET 2SK3140の代品に選んだ 2SK2312 の特性に問題があったか、壊れた
(2)インダクタ HP-023Z(500μH) の代品に選んだ 380μH の特性が合っていない

この回路を動かすには、いろいろ部品を交換しながら試行錯誤がいるようです。

続き バッテリー パルス充電器(3) を読む

« SHARP LED電球 DL-L60AV | トップページ | LED電球に調光・調色機能がついた »

くるま」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/33973299

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー パルス充電器(2):

« SHARP LED電球 DL-L60AV | トップページ | LED電球に調光・調色機能がついた »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天