2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« 動画共有サイト Veoh | トップページ | ドイツで事故に合いました »

2009年4月27日 (月)

欧州のスピード違反は厳しいぞ

欧州初のスピード違反通知は、NL(オランダ)でした。

Rimg1576

アパートに「Centraal Justitieel Incasso Bureau」から手紙が届きました。何かのダイレクトメールかと思っていたら、スピード違反の通知でした。

日本のオービスは、制限速度を20km/hぐらい超えても写真撮影される事は無いと言われていますが、欧州のスピード違反は厳格というか厳しい。かなり注意して走行しているつもりでしたがやられました。しかも、どこで撮影されたのか記憶に無いのですよ・・・・

Rimg1587

これがその Netherlands(Holland,オランダ) の速度超過の通知です。検索してみると、 France(フランス) の速度超過通知 が見つかりました。ドイツの速度超過通知をもらう機会があればそのウチにね。

オランダ語は全く読めないのですが、ドイツ語で書いてあるようです。

Informatie: www.cjib.nl と書いてあるのでwebを確認してみた。ここには、英語、ドイツ語、フランス語で説明されています。Centraal Justitieel Incasso Bureau(CJIB)は、オランダの法律によって罰金の収集をする会社組織らしい。
送付された通知書は、右肩に「M」と書いてあるので、Traffic fine に分類されます。この通知を受け取った後、どうすればいいのか詳しく説明されています。

日付は 2009/3/20 13:01 と書いてあります。3/20 に撮影したカメラからこの時間に何をしていたか調べると、ザーンセスカンスからキューケンホフ公園に行く途中だと思う。
通知によると 80km/h の道路を 91km/hで走っていた。100km/h以下は誤差3km/hを割り引いて、88km/h なので 8km/h オーバーという内容です。
はい、確かに常に 10~15km/h オーバーを目標に走っていましたので間違いありません。

でも、写真を撮られた記憶が全く無い。
Request to inspect the photo の説明では、オランダ警察に電話をして写真を要求することができるらしい。インターネットで通知書の写真番号を入力すると表示されるのかと思ったが、そこまでサービスは良くない。
そういえば、GIGAZINE で 「ドイツ警察がスピード違反をした操り人形を捜索中」という記事を読みましたが、こんな写真を期待していたのですが。

罰金は 32.00 EUR (約\4,000) で、期限までに送金しない場合は、1回目の催促で 40.00 EUR、2回目の催促で 60.00 EUR になるという。確か、ここ数ヶ月前に罰金の値上げがあったと聞いたような気がします。もっと速度が出てたら・・・・。
支払いは、付属の振込み用紙を銀行に持ってゆくか、インターネットバンクから振り込む事ができます。こうやって、早く収めさせようという仕組みなんですね。
この程度の速度違反では減点は無いようです。

ドイツの道路は、一般道でも街からはずれると100km/hになります。でも、市街地では50km/h になり、30Km/hの制限区間もあります。特に30km/h の道路では路肩にカメラを搭載したバンを駐車させて取り締まりをしている事があります。このためか、30km/hの道路は、本当に30km/hで走る人が多い。

また、道路にはループコイル式の速度監視がされていて、50km/h の道路を70km/hで走ると、次の信号が赤に変わり、停止すると青に変わるというトラップがあります。これは、速度を守る練習のために、このような仕掛けがあるのだそうです。

では、制限速度の標識は、どこまで有効なのかご存知でしょうか。速度制限終了の標識があれば判りやすいのですが、無い場合があります。この場合は、交差点か合流するまで前の速度制限が有効なんだそうです。

交差点には、信号無視を取り締まるカメラがあります。赤信号で交差点にはいると写真を撮られて、後で通知が来るしくみです。なんと、後方を撮影する機能があって、バイクでも信号無視をするとつかまるそうです。

他にもう1件心あたりが・・・
2009/3/14 ミュンヘンに向かう途中、100km/hのアウトバーンを115km/hで走行中に写真を撮られた事があります。赤いストロボを見ましたが、こんな事もあろうかと、前の車に速度を合わせて追尾していたので、前の車が撮影されたと信じています。確か、赤い光は前の車から点灯したはず。

これ以来、速度制限がある道路は、速度制限を守るようになりました。 いや~厳しいですね。

« 動画共有サイト Veoh | トップページ | ドイツで事故に合いました »

Mercedes-Benz」カテゴリの記事

くるま」カテゴリの記事

ドイツの生活」カテゴリの記事

コメント

kiyaさん、コメントをありがとうございます。

ソニー銀行に口座があれば、EURO口座から送金可能です。しかし、手数料が5000円なので、郵便局が安いですね。

ご愁傷様です。

マグマ大使さん、初めまして。
オランダのCJIBを検索していて、このページを見つけました。
いや~じつは先月、オランダ・ドルトレヒトをレンタカーで走っていて、スピード違反をやられました。
それも、制限速度50kmの市街地を57kmで走り、誤差3kmを差引いて、54kmだというのです。
罰金は、33EUR。
呆れてしまいましたが、仕方ない。
支払いをどうやって行おうかと思っています。
手数料2500円の郵便局にしよと思っていますが、何か、ほかに良い方法を御存知ですか?。

タコスさん、コメントをありがとうございました。
う~ム、どういう意味かな・・・

日本の道路事情が恥ずかしくなる記事でした

>kuroさん
コメントをありがとうございます。
アウトバーンの制限速度を見落とすと酷い事になりますのので、気をつけてくださいね。
慣れるまで先頭を走らないのが一番です。自分の速度にあった車をみつけて追尾するといいですよ。写真は連写しないそうです。
確かに制限速度の終了はわかり難いですね。白黒で斜め4本線の「すべての制限解除」があれば確実ですが、無い場合でも、合流してくると解除になります。つまり、合流した車にはこの道路の制限速度が判らないため、合流直後に制限速度標識がなければ、解除になります。

写真を撮られてしまった場合。
欧州に住所が無い「国際免許」の場合は、通知が来ない可能性があるようです。米国人ですが、確かにフラッシュを浴びたが3ヶ月経過しても通知は来なかったと言ってました。
どこかに連絡するべきかとドイツ人に相談してましたが、ほおっておけばいいと説明してましたね。
本当のところは知りませんが、通知が来ないと何もできないので。

ドイツ人は、空いている道路なら 200km/hオーバーで走ることもありますが、車間距離を十分にとって緊張して走っています。渋滞や危険を感じるとすぐに速度を落とします。事故すると死ぬ事を知っていますので、無茶な運転をする人は少ないですが、運転が下手な人もいます。
では、事故に気をつけて速度無制限を楽しんでくださいね。

はじめまして。今、観光でドイツにいています。
アウトバーンの速度制限どこで終わるのかよく
分かりません。
周りの車の速度に合わせて走っていますが、
そのため、常時速度超過気味です。
レンタカーなんですが、もし、写真を撮られた
場合、日本にも違反金の振り込み書を送って
貰えるものでしょうか?
ご存じなら教えてください。
ほっておいて無限に罰金が増えるのは
いやなので^^;
今のところ、写真を撮られた自覚はありません
が、本ブログを読んだら心配になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 動画共有サイト Veoh | トップページ | ドイツで事故に合いました »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天