2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事の検索

  • このページはBlogですので目的のページがTopに無い場合、こちらからBlog内の記事を検索してください
フォト

ガジェット

  • Google+
  • RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」
    フィードメーター - マグマ大使の道具箱
無料ブログはココログ

« SDメモリーカード | トップページ | ストラーダ+123キャンペーン »

2008年9月16日 (火)

フィットの燃費

高野竜神スカイラインまでフィットでドライブしました。
普段の街乗り燃費は 11.5km/L ぐらいですが、渋滞の無い高速道路を 90km/h ぐらいで燃費走行をすると 22.3km/L を表示した事もあります。

Img_4581

出発時の燃費は 17.8km/L で 330km ほど走行。本日の最高燃費は、19.3km/L です。まるでバイクのような燃費は嬉しくなりますね。

燃費を良くするには、追い越されても気にしてはだめです。左車線で車間距離を十分に取り、できるだけアクセルを戻して走行します。

Img_4572

フィットは、走行中にアクセルを戻すとエンジンブレーキがかかっている感触がハッキリ解ります。ここが一番燃費をかせげる部分。燃料カットで瞬間燃費は 30km/L~40km/Lを表示します。燃費を気にしながら走ると瞬間燃費は 20km/L ぐらいを維持できる。
とにかく 止まらないのが重要で、後続車がいない時は、前方の信号が赤ならアクセルを緩めて「できれば、止まらずに青信号を待つ」ぐらいの運転をします。
後続車がいるときは、ここまでやると迷惑ですが、車間距離をあけると無駄な加速がずいぶん節約できます。

Img_4536

山道を攻めながら片手で写真を撮ってみました(笑)。フィットのCVTは無段階変速なので、山道を走っても快適です。100ps のエンジンは、1300ccとは思えないほどパワフル。
下り坂では、S にすると強めのエンジンブレーキがかかりますが、D に戻すのを忘れると燃費が悪化します。L で走行することはほとんどありません。

Img_4548

トンネルの中では、さずがにぶれてしまいました。

高野龍神スカイラインは、バイクが多いので走行に注意。後方にバイクがきたら左の指示器を出して減速して譲ります。しかし、皆さん走りに来ているので後に付かれると、どうしてもスピードを出してしまいますね。
フィットは、カーブを高速で攻めてもアンダーステアをほとんど感じないのが凄い。ボディが軽くて剛性も高いので安定している。低重心設計が良いのかも。
ノーマルのタイヤは細いけど、カーブでは泣きながら頑張ってくれます。素直な感じで不安は全くありません。なかなか楽しい車です。

Img_4539

紫陽花園の駐車場で休憩。

Img_4567

十二滝は車の中から写真 (確か、バイクで来たよな)。

Img_4574

帰りは、少し渋滞してきたので、高速で帰ることにした。夕日が綺麗だ。

Img_4550

ナビの指示に従う事にしましたが、VICS の渋滞情報によって「経路を変更しました」って表示が現れた。予想もしない道を指示されたんですが、この選択は正しかったんでしょうか。

最近のナビは、経路を変える機能があるんだ。

最終の燃費表示は 18.9Km/L でした。ガソリンを給油すると、33.72L 入った。満タンからの走行距離は、590km でしたので 17.5km/L になる計算。燃費表示は、少し良い数字が出るようです。タンクは 42L ですので、まだ100Km以上は走れたハズ。

« SDメモリーカード | トップページ | ストラーダ+123キャンペーン »

ホンダ フィット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/238743/23768200

この記事へのトラックバック一覧です: フィットの燃費:

« SDメモリーカード | トップページ | ストラーダ+123キャンペーン »

スポンサー

Amazon Top10

  • ■カー&バイク用品
  • ■家電&カメラ

楽天